2016年06月15日

プリチャー台の高さ

腰〜背部痛は大分回復
苦しかったのが嘘みたいな
体調になってきました

<プリチャー台の高さについて>
現在通っているジムには
プリチャー台がありません
なので自宅で自作品を利用して
トレーニングしています

201658.JPG


しかし背中のダメージが酷く、
ジムでやっている時は全然平気
だったので1つ疑念が沸きました

「高さが違う」

高さが違うと微妙に
フォームが変わってきます

ジムの製品だとパッドの高さは
91センチでした



これではありませんでしたが
似たようなタイプのがコレ


そこで自宅のマシン(板切れ)を
測定してみると。。。
84センチしかありませんでした
たった7センチですが、腰を7センチ
深く曲げるか否かで負担が
大分変ってきます

デッドリフトなんか降ろす深さを
10センチ変えると嘘みたいに
キツくなります


そこでマシン(板切れ)を改良

20160615.JPG

ジムのと同じく91センチです
これでの背中への余計な負担が
減ると思います

今回はちゃんと寸法も測定して
調整したのでガタつきが消失


現在せいぜい60キロぐらいなので
腰への負担は大したことないかと
思っていましたが、他のトレーニングや
仕事の疲労などで影響してきます

posted by ude at 18:27| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439021308
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック