2016年08月06日

パワーラック元通り

パワーラックを本来の仕様に
戻しました

20160806.JPG


20160508.JPG

昨日までがコレ
左右の支柱を単管で繋いだので
横幅が懸垂台程度(約80センチ)
まで縮んでいます
さらに上下が本来と反転
しています
(セーフティの穴を下の方に
欲しかったため)

何故戻したのか
というと。。。
スペース的に
あまり変わらなかったから

です

ジムはお盆や年末年始に
休館してしまいますので、
どうせ自宅に器具を置いているなら
最大限に機能的な方が良いかと

ラックを粗大ごみに出すにはかなり
労力が掛かると思います

プレートならオークションで
簡単に出品できますが、
ラックだと運送の関係で
かなり困難になってきます
(トレーニングするには便利ですが
処分を考えると凄く大変)

ちなみに
もしもラックを購入するなら、
出来るだけ高価な商品を
選択した方が良いと思います
安いとやはりそれなりなので

プリチャー台の日曜大工まで
含めると昨日〜今日でだいたい
4〜5時間ぐらい掛かりました

2016806.JPG

201686.JPG

(使わない時は外せます)


少し前までWシャフトに
拘っていたのですが、
逆手懸垂でもアーム筋に
効くことが判明したので、
ストレートバーでもおそらく
効かせることが可能


水曜からジムが休業なので、
かなり久々に自宅で
デッドリフトをやる予定です

鏡が無いのが不満ですが、
こんなのを置けば解決






ちなみにバーベルシャフトは
180センチタイプのこちらがオススメ



これは多分ダメですが、ネットで
探すと同社の製品でプレート装着幅が
28センチの180センチシャフトあり
グリップ幅が120センチ以上
あるのでラック内に余裕で収まる仕様)

28センチでも150キロぐらいまでは
問題無いかと思います

posted by ude at 18:03| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440800190
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック