2016年08月21日

ホームジム VS 民間〜市営ジム

どちらも経験あるので
メリットとデメリットを
まとめてみました


【ホームジム】
メリット
・毎月の会費が掛からない

・トレ時間の自由が利く

・順番待ちがない
⇒ホームジム最大のメリット
ジムだと最悪トレ出来ません



デメリット

・器具の購入費用が必要
⇒ただし一度購入してしまえば
それ以降はほぼ掛かりません
フリーウエイトならジムの年会費
と同程度で一式そろいます

ただし要らなくなった場合
粗大ごみに出すのも相当大変なので、
購入は慎重に検討した方が良いです

・部屋が狭くなる
⇒これは避けられない
バーベルシャフトは180センチが
おすすめです

・騒音が出るので思い切り
出来ない面がある
例/デッドリフトでガシャンと
床に落とせません

・モチベーション低下しやすい
⇒最悪トレしなくなります

・マシン系で追い込めない
⇒実際効果があるのかは微妙ですが
気分的に大分違うかも





【民間(市営)ジム】
メリット
・モチベーションが上がる
(自分と同体重ぐらいの方が
より高重量を扱っていれば
刺激になったりする)
(器具を占拠しているので
低回数で止めにくい
⇒後もう1〜2回踏ん張る)

・お風呂代が浮く
サウナなども充実してます



デメリット
・会費が掛かる(駐車場程度)

・器具の順番待ち
⇒最悪の場合トレ出来ません

・着替えの用意が面倒
⇒洗濯物増えると思います

・メニューを組みにくい
⇒月会費なので週4〜5とか
通っているとコンディションより
日程を優先させてしまうかも
例/本当は木曜にやりたいが
水曜にデッドリフトを組む

・時間の制約あり
⇒民間では会員区分で入館できる
時間帯が決まっていたり、市営では
1回に使える時間が3時間までとかです
生活サイクルに上手く組み込めないと
通えません


まとめ
トレーニングは筋肉痛になる環境で
継続しないと効果出ないので、
どちらにせよ続けやすい方を
選択すべきかと思います
posted by ude at 18:31| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック