2015年02月08日

アームレスリングマシーン

20141118.JPG

アームレスリングの競技台上で、
ケーブルを引くマシンです

ケーブルを相手の手に見立てて
トレーニングします
(力を入れて倒します)

昨年末に使わなくなっていた
競技台を組み立てて、材料費
10000円ぐらいで改造しました

【主な材料】
・単管:2メートル2本、
1メートル1本
・単管クランプ:6個
・滑車:2個

※単管というのは工事現場の
足場に組む鉄パイプのことです
(直径5センチ弱
ネット通販で1本から購入可)

単管は1メートル当り
500円ぐらいです(送料のぞく)
クランプも1個300円ぐらい

滑車が少々高めで、
1個2000〜3000円しています

ラットマシン(ケーブルマシン)
の近くに競技台を置いて引く方法も
ありますが、競技台を固定しないと
動いてしまいます
(しかし対人練習で使えなくなる
デメリットはありません)

2015201.JPG
脚部が直径4.3センチで、
ちょうど単管クランプが
装着可能でした
スパナ1本あれば組み立てられます

アームレスリングの練習というのは
練習会に参加するのが一般的ですが、
専用のケーブルマシンがあれば大分
実戦に近いトレーニングが行えます
(丁度良い練習相手がいない
場合はそれ以上かと)

40〜80キロぐらいでトレーニング
していますが、競技台と一体型なので
安定しています

単管パイプにぶら下がって
片手懸垂することも可能です
posted by ude at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アームマシン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする